読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この星を懸けたニートの戦い

Zbrushを使った3Dモデリングの作品や、日々の妄想を記事にしてます

【進撃の巨人】ハンジさん作ってみた

ブログ放置していた間はずっとモデリングしていたので、一つずつ晒していこうと思う。まずは、進撃の巨人よりハンジ分隊長。

f:id:inugami09:20170402203457j:plain

f:id:inugami09:20170402204714j:plain

f:id:inugami09:20170402204632j:plain

 

f:id:inugami09:20170402203521j:plain

・・・・似てる??

 

立体起動装置はこんな感じ。

f:id:inugami09:20170402203709j:plain

 

下手に色塗らない方が上手く見えるんじゃないかなーと思い、あえて色は塗ってません。製作期間は2週間ほど。一日の作業時間10~13時間程度。くっそ疲れたわ。ちなみにこれを作ったのは2か月ほど前です。

 

とりあえず作品の話は置いといて、もっと重要なことを話さなければならない。

 

 

 

そう・・・

 

 

ついに始まったな。進撃の巨人アニメ2期が。

 

「ハンジさん作ったよー。」とかもはやどうでもいい。

アニメの話の方がずっと大事。早速昨日1話見たぜ。

 

相変わらず作画良し、テンポ良し、声優良し、音楽良しと文句のつけどころがない。スタッフの皆様は、引き続きこの調子で頑張ってほしい。

ハンジさんの「怖いなぁ・・・」も聞けて満足。

このハンジさんとニック司祭のやりとりの後に、ハンジさんが「怖いなあ・・・」とつぶやくシーンは、3本の指に入るほど好きな場面なんです。アニメで見れてよかった。

 

 

全体的にとても高い完成度だと思うけど、欲を言えばナナバさんの声があまり合ってない・・・気がする。

けっこう可愛らしい声をしていらっしゃいましたよね。僕の中ではもう少し低くて、ちょっとドスのきいたイメージでしたが。

まあ慣れれば気にならないか!

 

あとは、オープニングの「心臓を捧げよ!」について。

結論から言うと、普通にいい曲だと思った。でも、「紅蓮の弓矢」や「自由の翼」と比べる、少々微妙という感想。

というか、ちょっと「紅蓮の弓矢」に似てね?

 

1期の2曲が良すぎたために、どうしても新しい曲への期待値が上がってしまう。そしてどうしても両者を比べてしまう。「紅蓮の弓矢」も「自由の翼」も聞かずに「心臓を捧げよ!」だけを聞いたら、もっと違った感想を持っていたと思う。

比べなければいい曲だと思うけど、どうしても比べてしまう。そして比べてしまうと、ちょっと「あれ?」ってなってしまう。

たぶん僕と同じような感想を持っている人は多いと思うんだよなあ。そう考えるとクリエイターって本当に大変な仕事だとつくづく思う。

 

あ、いや、なんかケチつけたみたいになっちゃったけど、全体的に非常に楽しめて満足しております。上記の話は、ちょっと気になったってくらいのレベルです。はい。進撃の巨人に対する愛ゆえに、完全無欠を求めてしまうのかもしれない。

 

マジで僕は進撃の巨人好きだからね・・・。こうして原作のキャラクターをモデリングしちゃうほど好き。原作の連載が終わりに近づいてきてちょっと寂しいけど、今は毎週土曜日が楽しみだぜ!

4月1日に感じる、この取り残された感は一体なんなんだろう

4月1日といえば、入学式や入社式シーズンですね。

 

今日は土曜日だけど入学式とかあるのかな?さっきフラッと外を出歩いてみたけど、それっぽい人たちはいなかったが。

 

かつて僕にもピカピカのスーツを着て、新生活に期待を膨らませながら美しい桜並木の下を歩いていた時期もあった。

 

あの頃を懐かしいとは思うが、だからといって戻りたいとは思わない。現状ニートで、そろそろ就職しないとマジで家賃払えなくなりそうな状況だけど、今の生活にけっこう幸せを感じている私であります。

 

でもやっぱり新年度になると、なせか取り残されたような感覚に襲われる。みなさんもないだろうか。

 

あ、僕だけですか・・・?

まあいいや。今回はなぜこのような感覚に襲われるのかを考察してみた。

自己分析した結果、二つ考えられるので順に説明していく。

 

 

一つは他人の目を気にしているから

 

会社を辞めて、仕事もせずに家でずっと3Dモデリングをしているという生活を続けているうちに、次第に「自分は自分、他人は他人」という考え方ができるようにはなった。

だけど、やっぱりどこかで他人の目を気にしていたり、社会の一員になれていないことに対する負い目を感じていたりするため、取り残されたような気持になるのだと思う。以前の自分と比べて大分マシになったとはいえ、まだまだ小さなプライドを捨てきれていない証拠なのだろう。

 

まあでも昔はもっとひどかったな。新入社員時代の4月1日は本当にひどかった。

「誰よりも早く出世するために一番良いスタートを切ってやろう」とか

「同期の中で一番優秀な人材になってやろう」とか、

「なんならこのおれが会社のトップになってやる」とか、

 

もう思い出しただけで恥ずかしくなるようなことばかり考えていた。なんなでしょうね、あの頃の僕は。異様に張り切ってましたね。たぶん僕自身空っぽだったのかな。だからなんでもいいからわかりやすく自信につながるものがほしかったのかもしれない。

 

んで、お察しの通り僕は決して優秀な人間じゃないので、上記に描いたような「理想の僕」になれるはずもなく、現実とのギャップに苦しんでいた。

うまくいかないどころか、仕事ではミスばっかりだしプログラミングも全然出来るようにならなかった。もはや「Hello World」しかできないよ(プログラミングかじったことある人ならなんのことかわかるはず)。

こうして僕の小さなプライドはボロボロになっていた。

でもその甲斐あってか、入社してから半年くらい経ってから徐々に等身大の自分を受け入れ始めることができたんすよ。だから、何も考えずに就職活動して、何も考えずに会社員になったことも今ではいい経験になったと振り返ることができる。 

 

後半、話が脱線して自分語りになっちゃったけど、要するにまだ小さなプライドを捨てきれておらず、他人の目を気にしてしまっているということ。

 

 

二つ目は、虚無感。

 

僕の中で4月というはまったくいい思い出がない。

新入社員時代の話もそうだし、新年度になるといろいろと生活や環境が変わることが多く(今は年中全く変わらない生活を送っているけど)、なにかと忙しい思い出しかない。4月とは「慣れない新生活」、「緊張」、「不安」というイメージが僕の中で強く印象付けられている。

僕はかなり適応力が弱い人間なので、毎年4月は新しい環境に馴染めず、常になんだかそわそわ落ち着かない。

 

だけど、会社を辞めてからニート生活を続けているうちに、この「そわそわする感覚」を体験することもなくなった。これで4月特有の緊張と不安から解放された。

 

しかしここでまた新たな問題が発生した。

今度はこの「そわそわする感覚」がないために、どこか空虚な気持ちになってしまうようになった。今まで当たり前にあったものがなくなったことで、変な虚無感に襲われる。

この虚無感がどこか取り残された感覚の原因になっているんじゃないかと思うわけです。変な話、僕には「4月はそわそわしてなきゃいけない」という気持ちがあるのだろう。

 

一つ悩みが解決したかと思えば、すぐに新しい悩みがやってくる。

いやーやっぱり人生って難しいですわ。まあ4月限定だから別に深刻な問題でもないけど。。。

 

まあダラダラと語ってきたわけですが、要するに「ちっぽけなプライドを捨てきれずに他人の目を気にしていること」と、「当たり前にあったものがなくなってしまったことによる虚無感」のダブルアタックで、なんだか4月は複雑な気持ちになってしまうということを言いたかった。

いや~また失踪してしまいました。

お久しぶりです。いぬがみです。

 

最後にこのブログを更新したのはいつだったかな・・・。

数か月失踪したかと思えば、ふとしたきっかけで更新、そしてすぐに失踪というサイクルを繰り返してますね。

まるでどこかの漫画家みたいだ。まあまったりいきましょう。

 

この失踪してた数か月間、色々ありました。

まあ僕は相変わらずニートのままなんだが、記事にしたいこともそこそこたまってきたのでひとつずつ紹介していこうと思う。

 

またいつ失踪するかわからないけど、というかこのブログ読んでいる人とかたぶんいないんだろうけど(事実)、よろしく付き合っていただければ幸いでござる。

 

なんか、ブログって続かないんだよなー。

一応語りたいことはあるし、文章書くのもけっこう好きなんだし、一日中家に引きこもってるくせに、なぜか更新滞っちゃうんですわ。

 

もちろん忙しいわけでもない。

3Dモデリングとかは毎日続けられるんだけどな。不思議。

 

というか僕はツイッターすらめんどくさくて放置してしまう。

なんかテキトーにつぶやいておけばフォロワー増えんのかなと思って、くだらないことつぶやいてた時期もあったけど、あれ全然意味ねえ\(^o^)/

何千、何万とかフォロワーいる人ってすごいわ。まあだいたい何かしら知名度がある人なんだろうけど。

ツイッターのフォロワーも増やしたいとは思ってるんだけどね。増えたことで何かうれしいことがあるのか知らんけど。

 

 

・・・・。

 

 

えーと、

 

 

 

すいません。

 

 

特にこの記事で言いたいことはありません。。。なんかテキトーに書いてれば面白いこと浮かぶといいなーって感じでだらだら書いたけど、オチすら思いつかねえ。

 

更新頻度増やして徐々にカンを取り戻してくぜ!ってことで締めさせていただく。

では。

 

【PS4おすすめソフト】ダークソウル3の魅力を全力で語る

買ってしまいました。

f:id:inugami09:20170116034644j:plain

ニートでお金ないのに、PS4本体とゲームディスプレイとダークソウル3をまとめて買

ってしまいました・・・。

なけなしの貯金をはたいて。

 

だが後悔はしていない。

 

後悔していないどころか、今では心から買ってよかったと思っています。

本当に素晴らしい作品に出会えた。

僕がこれまでやったゲームの中で1、2位を争う出来です。

あまりにこのゲームに対する満足度が高いので、この記事でがっつりレビューしていこ

うと思う。

 

いやーもう、このダークソウルってゲームは、ずううううううううううぅぅぅぅー・・・・・っと前から欲しかったんですよ。

 

このゲームの存在を初めて知ったのは、ニコニコ動画に投稿された実況プレイ動画を見

たのがきっかけでして。

見てるだけでも面白くて、その時からずっとやってみたいと思ってましたね。

 

ちなみに「ダークソウル」というゲームは、「デモンズソウル」というPS3のゲームの

続編にあたるもので、これらをまとめて「ソウルシリーズ」と呼ばれていたりします。

 

PS3デモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2

PS4⇒ダークソウル2(PS4バージョン)、ダークソウル3

 

こんな感じでシリーズ化してます。

そんで、僕が今回おすすめするのがPS4から発売された「ダークソウル3」です。

ではでは早速魅力を紹介していきますぜ。

 

続きを読む

【幽遊白書】飛影と躯を描いてみた

なんとなく描きました。

漫画、「幽遊白書」より飛影と躯です。

f:id:inugami09:20170113142333j:plain

 

うん、なんというか、初心者丸出し笑。

3Dモデリングの息抜きに描いたものです。

 

絵は普段から描くといえば描くんですが、ラフスケッチがほとんどですね。

3Dモデリングの際、キャラクターのポーズを決める時にササッと簡単にいくつか描く

くらいです。

ジェスチャードローイングっていうのかな。こんな感じで。

f:id:inugami09:20170113143614j:plain

(僕が描いたものではありません)

 

ボチボチ絵の勉強も始めていきたいと考えてます。

画力の向上が、そのまま造形力の向上にもつながるので。

 

あと、どうでもいいけど躯って幽白で一番美人だよね。

共感してくれる人少ないけど笑

あ、幻海もかわいいか。

もちろん、ばあさんの時も含めて。

「プログラミングが好き」っていう人は生きていくのに困らないと思う(うらやましい)

情報技術の需要は凄まじく、今後さらに拡大していくといわれている。

さらに数十年後、拡大する需要に人材が追い付かず、エンジニア不足の時代が到来する

らしい。

 

僕もニートになる前は、某IT企業で1年だけ働いていた。

そこでは「仕事が受注できなくて困っている」なんて状況はなかったし、

それどころか「人が足りなくて困っている」という現場が多かった。

(もちろん、ここでいう「人」とは「使える人材」のことだが)

 

この業界は人の出入りも激しい。

他の企業へ転職する人、転職してくる人、フリーランスになる人、逆にフリーランス

ら入ってくる人など、様々な人がいた。

 

そしてこの業界は、実力さえあればどんな働き方もできるし、待遇の良い会社を見つけ

やすい。僕の同期でも、入社して3年目で給料が倍の企業への転職に成功した人がいる

らしい。

また、「もっと面白いことがしたいから」という理由で大手からベンチャー

業に転職する人もいた。

 

でも個人的に最もうらやましいと思うのは、プログラミングを学べる場、コミュニティ

ーが増えているということだ。

 

大学や専門学校で情報技術を専攻しなくても、いくらでも学ぶ機会がある。

TECH::CAMP」とか面白そう。

f:id:inugami09:20170112132607j:plain

(画像はてきとーにチョイスしてます)

 

キャンプ中はメンターが常時待機し、疑問点はすぐに質問して解決ができるとのこと。

就職のサポートもしてるし、評判もいいみたい。

お値段も良心的。

キャッチコピーの「1ヶ月で人生が変わる」かどうかは、もちろん本人の努力次第だけ

ど、未経験からプログラミングを本気で学びたいって人には最高の環境が揃っていると

思う。

 

続きを読む

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)のレムを作ってみた。

リゼロのレムです。

f:id:inugami09:20170111233245j:plain

f:id:inugami09:20170111233304j:plain

f:id:inugami09:20170111233331j:plain

 

 

 

すいません原作は一切わかりません。

 

 

「なんかいろんなところで見るから人気キャラクターなのかなー

じゃあ作ってみようかなー」

っていう軽いノリで作りました。

 

あとは、僕が目指している「デジタル原型師」は美少女フィギュアのモデリングが主な

仕事になるので、その練習も兼ねて作った感じです。

 

このレムってキャラクターは双子で、もう一人は「ラム」っていうらいんだけど、何故

かラムの方はあまり人気ないような印象です。

 

f:id:inugami09:20170111200601j:plain

※左がラムで右がレム

 

顔面格差はないのに、圧倒的にレムの方が人気らしいです。

たぶんレムは見た目だけじゃなくて、いわゆる「キャラ」が可愛いのかな。

男心をくすぐるというか、グッとつかむというか。

 

萌えは奥が深い・・・。