この星を懸けたニートの戦い

この星を懸けたニートの戦い

迷走しまくりだけどなんとか幸せをつかもうと奮闘する男の記録

アナログ原型師は、今すぐにでもデジタル原型師に移行すべき

僕は3年ほど前からフィギュア原型師を目指している者です。

こちらのページで僕の全作品を紹介してます。)

 

僕と同じようにフィギュア原型師を目指している人や、既に原型師として活躍している

人は、是非今回の記事を読んでほしい。

「フィギュア原型師ってなんやねん」って人も、何かしら参考になる部分があると思う

ので読んでほしい。

 

要するにみんなに読んでほしい。

 

では、行きましょう。

 

まず、「フィギュア原型師」という仕事の説明から。

えっと、「フィギュア」は知ってますよね?秋葉原とかに行けばたくさんあります。

主にアニメやゲーム、マンガのキャラクターを立体化したものです。

こんな感じです。

f:id:inugami09:20170416145050j:plain

※僕の作品ではありません

 

仕事の流れですが、まずメーカー等からの依頼で、原型師と呼ばれる方が大量生産の元

となるフィギュアの「原型」を作ります。

そこから、その原型を元に金型を作り、金型に材料を流し込んでパーツを作り、一つ一

つ塗装して組み立ててから店頭に並びます。

簡単な説明ですが、以上が一般的なフィギュアの製作工程です。

原型師っていうのは、フィギュアの元となるものを作る人ってことです。ちなみに塗装

する人を「フィニッシャー」って呼んだりします。

 

そして、原型師には大きく2種類あります。

アナログ原型師デジタル原型師です。

 

アナログ原型師とは、専用の粘土や「パテ」という材料を使って、手作業でフィギュア

の原型を作る人です。

粘土みたいなのをこねながら、それを盛ったり削ったりしながら地道に仕上げていく感

じです。

 

もう一方のデジタル原型師とは、3Dプリンターの普及に伴って最近になってから登場

したものです。

3Dモデリングソフトでキャラクターを作り、そのデータを3Dプリンターに転送して

立体出力します。立体出力してから大量生産するまでの工程はアナログの原型師と同じ

です。つまり、3Dプリンターを使っても、そのまま売り出せる状態で出力されるわけ

ではありません。

出力後は表面をきれいに磨き、そこから金型を作ってから一つ一つ塗装していく必要が

あるってことです。

 

ここまで読んでだいたいイメージはつかめましたかね・・・?

 

勘がいい人はお気づきかと思いますが、作業効率は圧倒的にデジタル原型師が上です

ぼくはアナログとデジタル両方経験がありますが、もう雲泥の差ですよ。

体感ですが、デジタルのほうが10倍、いやもしかしたら20倍以上速いスピードで作れま

す。作るものによって変わってきますが、まあとにかくデジタルのほうが圧倒的に効率

がいいってことです。

 

その証拠に、最近のフィギュアはほとんどデジタルで作られたものですし、原型師の求

人情報を調べてもアナログよりデジタルのほうが多くなっています。

 

例えば、フィギュアで顔を作るとします。顔って左右対称ですよね?

アナログの場合、頭部の右側と左側を、粘土を盛ったりヤスリで削ったりしながら作っ

ていきます。

ちゃんと左右対処になるように、細かく長さや奥行きを図りながらミリ単位で削ったり

盛ったりして地道に進めていきます。

 

この作業は僕も経験がありますが、正直いって気が狂います

 

顔全体の大きさだけでなく、目の大きさ、角度、奥行き、あごのライン、口の大きさ、

角度・・・などなど、全て左右対象にしなければなりません。

 

想像するだけで気が狂いそうですが、実際にやると冗談抜きで死にそうになります。精

神的にも肉体的にも。実際に僕病んでましたし。まあだから途中でデジタルに移行した

んですが。。。

さらにメーカーからの修正依頼で、例えば「頭部をもう一回り大きくしてほしい」なん

て言われたら、また気の狂う微調整をしなければなりません。

 

しかし、デジタルの場合こういった気の狂うような長時間作業は必要ありません。

主にフィギュア業界で使われている3Dモデリングソフトは「ZBrush」ってやつなんで

すが、これには大変便利な機能がたくさんついています。

その一つが「シンメトリーモード」です。

 

このシンメトリーモードってやつを使うと自動的に左右対称にすることができるんで

す!

 

イメージしやすいように簡単にデジタルの説明をします。

まず球体を読み込みます。

f:id:inugami09:20170416154420p:plain

この球体をいろいろ調整しながら頭部を作っていくんですが、まず「シンメトリモー

ド」を使わない場合は以下のようになります。

f:id:inugami09:20170416154745p:plain

まあこれはテキトーに盛っただけなんですが。

そして、「シンメトリモード」を使うと・・・

f:id:inugami09:20170416155104p:plain

完全に左右対称になっていることがおわかりいただけますか?

上記の画像は、僕は球体の右側しか手を加えていません。シンメトリーモードをオンに

している状態だと、もう片方(左側)にも自動的に同じ効果が反映されます。

・・・まあ動画などで確認してもらえるとすぐにわかると思うんですが、要するに片方

(右or左)だけ作っていれば、もう片方(左or右)も自動的に同じように出来上がると

いうことです。

もちろん、顔だけでなく体を作る場合も同じ要領で進めることができます。

 

これがどんなにすごいことかわかりますか・・・?

極端な話、作業時間が半分になるんですよ。顔を作りたかったら、顔の半分だけ手を加

えればいいんです。もう半分は勝手に反映されますから。

機械のやることなんで、人間がやるより正確な左右対称です。

 

もちろん、完成した作品はデータとして保存できるので、新しくフィギュアを作る際に

も使いまわすことが可能です。

僕は主に体、頭、手を使いまわしてますね。そこから作りたいフィギュアのポーズに合

わせて微調整を加えています。

 

さらに、サイズの変更も簡単にできます。体に対して顔が大きさのバランスが悪いと感

じたら、簡単に全体を大きくしたり小さくしたりできます。2,3秒でできますね。

アナログの場合ですと、人によりますがだいたい1時間くらいかかっちゃいます。

 

ポーズや指の曲げ方を変えることも簡単にできます。どう変えるかにもよりますが、

だいたい3分くらいで終わります。

まだまだここでは説明しきれないほど便利な機能がたくさんあります。

 

デジタルはアナログに比べて、圧倒的にきれいに、速く、正確なシンメトリーで仕上げ

ることができるってことです

デジタル原型師の求人が多いのもうなずけますね。

 

なので、アナログ原型師は近いうちに仕事がなくなる可能性が非常に高いです

3Dプリンターの性能もどんどんよくなってますしね。

わざわざ時間のかかるアナログ原型師に仕事を頼む必要はないわけです。

 

とはいえ、アナログ原型師の人もプライドやポリシー、こだわりがあるでしょう。

粘土をこねたくてアナログ原型師になった人、または目指したい人もいると思います。

 

僕もそうでした。

 

そういう人は、自分にしかできない造形を目指すべきだと思います。

自分の価値を高めるというか、自分じゃないと生み出せないものを作る必要がありま

す。それができるようになると、今後もなんとか食っていけるんじゃないかと。

ただし、こっちは茨の道です。造形に命かけるくらいの覚悟が必要です。

 

さらに、そういった造形家を目指す場合でも、やっぱり「Zbrush」は必要だと思いま

す。「Zbrush」は単に作業効率がいいだけでなく、成長速度も上がりますから。

自画自賛ですが、実際に僕も「Zbrush」を使い始めてから急な成長を感じます。

アナログでは亀のようにトロトロと成長してましたが、デジタルに移行してからウサギ

のように疾走するかのように成長していると思います。たぶん。

 

明らかにZbrush」を使って練習したほうが、解剖学的知識が深まり、観察眼が鍛えら

れるんですよね。デジタルに比べて粘土は、いちいち無駄な時間かかりますから、その

分成長も遅いんです。

 

だから、まあいずれにせよ、結局3Dモデリングソフトは使いこなせるようにしておく

べきというのが僕の意見です。

参考になれば幸いです。

アルバイトの面接に落ちまくるんだがwww

2ちゃんねるのスレッドみたいですが、マジな話です。

 

前回の記事で書きましたが、金欠につき最近アルバイトを探してまして。

とりあえず希望の条件に合った求人に応募しまくってます。面接しまくってます。

僕の条件は以下の通り。

 

・時給1200円以上

・現住所が千葉県の柏市ってとこなんで、そこから30~40分内で通えるところ

・交通費支給

・仕事は飲食店、コールセンター(テレフォンアポインター)、データ入力等を検討中

・週3日程度で1日7時間以上働けること

・月収9万~11万は稼ぎたい

 

・・・・くらいかな。一番大事なのは週3日で月収9万~11万稼ぐという点です。

続きを読む

アルバイトで、おいしい条件を載せている人材派遣会社には気を付けた方がいい。

やばいっす。我、ピンチです。

そう。

金欠なんです。

 

2015年の10月くらいから全く働かず、家に引きこもってずーーっとモデリングしている

私でございます。(こちらのページで作品を確認できます。)

生活費は、正社員時代に稼いだ貯金から切り崩して毎日を生きております。

 

しかし、

 

もうそろそろ貯金が尽きそうって話なんですよ。

 

僕の一か月にかかる生活費は6万円ほど。

内訳は、

家賃⇒36000円

光熱費⇒平均8000円

通信費⇒4700円

ケータイ料金⇒1300円

食費・雑費⇒20000円

年金⇒免除申請出してるので0円

住民税⇒こちらも収入がないため0円

国民健康保険⇒月1000円くらい

合計⇒51000円

 

まあ上記の例ではちょっと少なめに見積もってるけど、だいたい5、6万といったところです。ストレスたまるとお菓子代がけっこう多めに加算されます。

 

んでね、さすがにもうなくなってきたわけよ。お金が。

 

そりゃあもう一年以上全く働いてないわけだから、お金は減る一方だわな。当たり前だよね。

 

続きを読む

リゼロの「レム」作り直しました

モデリング作品の紹介です。

 

以前にも作ったアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムを作り直したので、改めて記事にします。

 

今や「けものフレンズ」がブームなんだから、そのキャラクターを作って記事にした方がPV数稼げそうですが、本編見てないんでよくわからないのです。

まあリゼロも見たことないんですけど。。。

 

 

・・・では、作品の紹介です。

 

まずは2017年1月に作ったレム。

f:id:inugami09:20170111233245j:plain

うーん、等身といいポーズといい、色々と微妙ですね。

 

お次は最近作り直したレム

2017年3月

f:id:inugami09:20170405214234j:plain

f:id:inugami09:20170405214259j:plain

若干マシになった気がします。

最初のと比べると、ポーズもスカートもやわらかくなったのかな?

 

引き続き頑張ります。

 

 

【アイアムアヒーロー】最終巻を読んだ感想(※ネタバレあり)

花沢健吾氏の「アイアムアヒーロー」が完結したから感想を語る。

3月31日に単行本22巻が発売され、この巻で物語は完結しました。

タイトル通りがっつりネタバレもしていくから、嫌な人はブラウザバックしてくれ。

 

 

◆まずはあらすじから

f:id:inugami09:20170403210203j:plain

 

えっと、とりあえず軽くこの漫画のあらすじから説明いくね。

この漫画は一言でいえば「パニックホラー」。

ゾンビみたいなやつ(作中では「ZQN」と呼ばれている)が突然うじゃうじゃ出てきて、そいつらから逃げたり戦ったりしながら、なんとか生き延びようとするお話。めっちゃグロいです。

 

映画化もされた大人気漫画です。

 

上のおっさんが主人公で、名前は鈴木英雄。35歳で漫画家アシスタント。妄想癖が激しく、独り言も多い。漫画家アシスタントとして生計をたてながらプロを目指しているが、なかなかデビューできずにうだつの上がらない日々を送っていた(あれ、なんだろう。今僕の心にすごくグサッときた)。そんな日常を送る中、突如「ZQN」と呼ばれるゾンビみたいなのが現れ、英雄はパニックに巻き込まれていく・・・みたいな感じです。

まあ今このページを開いている人はたぶん本作を全巻読み終わったか、途中までは読んでいる人がほとんどだと思うから、あらすじはこの辺にしておいて早速感想に移る。

続きを読む

【進撃の巨人】ハンジさん作ってみた

ブログ放置していた間はずっとモデリングしていたので、一つずつ晒していこうと思う。まずは、進撃の巨人よりハンジ分隊長。

f:id:inugami09:20170402203457j:plain

f:id:inugami09:20170402204714j:plain

f:id:inugami09:20170402204632j:plain

 

f:id:inugami09:20170402203521j:plain

・・・・似てる??

 

立体起動装置はこんな感じ。

f:id:inugami09:20170402203709j:plain

 

下手に色塗らない方が上手く見えるんじゃないかなーと思い、あえて色は塗ってません。製作期間は2週間ほど。一日の作業時間10~13時間程度。くっそ疲れたわ。ちなみにこれを作ったのは2か月ほど前です。

 

とりあえず作品の話は置いといて、もっと重要なことを話さなければならない。

 

 

 

そう・・・

 

 

ついに始まったな。進撃の巨人アニメ2期が。

 

「ハンジさん作ったよー。」とかもはやどうでもいい。

アニメの話の方がずっと大事。早速昨日1話見たぜ。

 

相変わらず作画良し、テンポ良し、声優良し、音楽良しと文句のつけどころがない。スタッフの皆様は、引き続きこの調子で頑張ってほしい。

ハンジさんの「怖いなぁ・・・」も聞けて満足。

このハンジさんとニック司祭のやりとりの後に、ハンジさんが「怖いなあ・・・」とつぶやくシーンは、3本の指に入るほど好きな場面なんです。アニメで見れてよかった。

 

 

全体的にとても高い完成度だと思うけど、欲を言えばナナバさんの声があまり合ってない・・・気がする。

けっこう可愛らしい声をしていらっしゃいましたよね。僕の中ではもう少し低くて、ちょっとドスのきいたイメージでしたが。

まあ慣れれば気にならないか!

 

あとは、オープニングの「心臓を捧げよ!」について。

結論から言うと、普通にいい曲だと思った。でも、「紅蓮の弓矢」や「自由の翼」と比べる、少々微妙という感想。

というか、ちょっと「紅蓮の弓矢」に似てね?

 

1期の2曲が良すぎたために、どうしても新しい曲への期待値が上がってしまう。そしてどうしても両者を比べてしまう。「紅蓮の弓矢」も「自由の翼」も聞かずに「心臓を捧げよ!」だけを聞いたら、もっと違った感想を持っていたと思う。

比べなければいい曲だと思うけど、どうしても比べてしまう。そして比べてしまうと、ちょっと「あれ?」ってなってしまう。

たぶん僕と同じような感想を持っている人は多いと思うんだよなあ。そう考えるとクリエイターって本当に大変な仕事だとつくづく思う。

 

あ、いや、なんかケチつけたみたいになっちゃったけど、全体的に非常に楽しめて満足しております。上記の話は、ちょっと気になったってくらいのレベルです。はい。進撃の巨人に対する愛ゆえに、完全無欠を求めてしまうのかもしれない。

 

マジで僕は進撃の巨人好きだからね・・・。こうして原作のキャラクターをモデリングしちゃうほど好き。原作の連載が終わりに近づいてきてちょっと寂しいけど、今は毎週土曜日が楽しみだぜ!

4月1日に感じる、この取り残された感は一体なんなんだろう

4月1日といえば、入学式や入社式シーズンですね。

 

今日は土曜日だけど入学式とかあるのかな?さっきフラッと外を出歩いてみたけど、それっぽい人たちはいなかったが。

 

かつて僕にもピカピカのスーツを着て、新生活に期待を膨らませながら美しい桜並木の下を歩いていた時期もあった。

 

あの頃を懐かしいとは思うが、だからといって戻りたいとは思わない。現状ニートで、そろそろ就職しないとマジで家賃払えなくなりそうな状況だけど、今の生活にけっこう幸せを感じている私であります。

 

でもやっぱり新年度になると、なせか取り残されたような感覚に襲われる。みなさんもないだろうか。

 

あ、僕だけですか・・・?

まあいいや。今回はなぜこのような感覚に襲われるのかを考察してみた。

自己分析した結果、二つ考えられるので順に説明していく。

 

 

一つは他人の目を気にしているから

 

会社を辞めて、仕事もせずに家でずっと3Dモデリングをしているという生活を続けているうちに、次第に「自分は自分、他人は他人」という考え方ができるようにはなった。

だけど、やっぱりどこかで他人の目を気にしていたり、社会の一員になれていないことに対する負い目を感じていたりするため、取り残されたような気持になるのだと思う。以前の自分と比べて大分マシになったとはいえ、まだまだ小さなプライドを捨てきれていない証拠なのだろう。

 

まあでも昔はもっとひどかったな。新入社員時代の4月1日は本当にひどかった。

「誰よりも早く出世するために一番良いスタートを切ってやろう」とか

「同期の中で一番優秀な人材になってやろう」とか、

「なんならこのおれが会社のトップになってやる」とか、

 

もう思い出しただけで恥ずかしくなるようなことばかり考えていた。なんなでしょうね、あの頃の僕は。異様に張り切ってましたね。たぶん僕自身空っぽだったのかな。だからなんでもいいからわかりやすく自信につながるものがほしかったのかもしれない。

 

んで、お察しの通り僕は決して優秀な人間じゃないので、上記に描いたような「理想の僕」になれるはずもなく、現実とのギャップに苦しんでいた。

うまくいかないどころか、仕事ではミスばっかりだしプログラミングも全然出来るようにならなかった。もはや「Hello World」しかできないよ(プログラミングかじったことある人ならなんのことかわかるはず)。

こうして僕の小さなプライドはボロボロになっていた。

でもその甲斐あってか、入社してから半年くらい経ってから徐々に等身大の自分を受け入れ始めることができたんすよ。だから、何も考えずに就職活動して、何も考えずに会社員になったことも今ではいい経験になったと振り返ることができる。 

 

後半、話が脱線して自分語りになっちゃったけど、要するにまだ小さなプライドを捨てきれておらず、他人の目を気にしてしまっているということ。

 

 

二つ目は、虚無感。

 

僕の中で4月というはまったくいい思い出がない。

新入社員時代の話もそうだし、新年度になるといろいろと生活や環境が変わることが多く(今は年中全く変わらない生活を送っているけど)、なにかと忙しい思い出しかない。4月とは「慣れない新生活」、「緊張」、「不安」というイメージが僕の中で強く印象付けられている。

僕はかなり適応力が弱い人間なので、毎年4月は新しい環境に馴染めず、常になんだかそわそわ落ち着かない。

 

だけど、会社を辞めてからニート生活を続けているうちに、この「そわそわする感覚」を体験することもなくなった。これで4月特有の緊張と不安から解放された。

 

しかしここでまた新たな問題が発生した。

今度はこの「そわそわする感覚」がないために、どこか空虚な気持ちになってしまうようになった。今まで当たり前にあったものがなくなったことで、変な虚無感に襲われる。

この虚無感がどこか取り残された感覚の原因になっているんじゃないかと思うわけです。変な話、僕には「4月はそわそわしてなきゃいけない」という気持ちがあるのだろう。

 

一つ悩みが解決したかと思えば、すぐに新しい悩みがやってくる。

いやーやっぱり人生って難しいですわ。まあ4月限定だから別に深刻な問題でもないけど。。。

 

まあダラダラと語ってきたわけですが、要するに「ちっぽけなプライドを捨てきれずに他人の目を気にしていること」と、「当たり前にあったものがなくなってしまったことによる虚無感」のダブルアタックで、なんだか4月は複雑な気持ちになってしまうということを言いたかった。