読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この星を懸けたニートの戦い

Zbrushを使った3Dモデリングの作品や、日々の妄想を記事にしてます

【PS4おすすめソフト】ダークソウル3の魅力を全力で語る

おすすめコンテンツ

買ってしまいました。

f:id:inugami09:20170116034644j:plain

ニートでお金ないのに、PS4本体とゲームディスプレイとダークソウル3をまとめて買

ってしまいました・・・。

なけなしの貯金をはたいて。

 

だが後悔はしていない。

 

後悔していないどころか、今では心から買ってよかったと思っています。

本当に素晴らしい作品に出会えた。

僕がこれまでやったゲームの中で1、2位を争う出来です。

あまりにこのゲームに対する満足度が高いので、この記事でがっつりレビューしていこ

うと思う。

 

いやーもう、このダークソウルってゲームは、ずううううううううううぅぅぅぅー・・・・・っと前から欲しかったんですよ。

 

このゲームの存在を初めて知ったのは、ニコニコ動画に投稿された実況プレイ動画を見

たのがきっかけでして。

見てるだけでも面白くて、その時からずっとやってみたいと思ってましたね。

 

ちなみに「ダークソウル」というゲームは、「デモンズソウル」というPS3のゲームの

続編にあたるもので、これらをまとめて「ソウルシリーズ」と呼ばれていたりします。

 

PS3デモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2

PS4⇒ダークソウル2(PS4バージョン)、ダークソウル3

 

こんな感じでシリーズ化してます。

そんで、僕が今回おすすめするのがPS4から発売された「ダークソウル3」です。

ではでは早速魅力を紹介していきますぜ。

 

 

魅力その1 「絶妙な難易度設定」

「ソウルシリーズ」のジャンルは「アクションRPG」。

最近流行のオープンワールドシステムを取り入れた、広大なマップを自由に探索できる

ゲームだ。

道中には多くの敵や罠、ボスが待ち受けており、プレイヤーはそれらをひとつずつ慎重

に攻略しながら先に進んでいく。

 

そして、「ソウルシリーズ」最大の特徴といば歯ごたえある高い難易度だ。

巷では「鬼畜難易度」とか「死にゲー」「マゾゲー」と言われている。

あまりの難しさに、最近の「遊びやすい」ゲームに慣れた人は衝撃を受けると思う。

とにかく死にまくるし、「死んで覚える」が前提となっている。

死亡パターンはだいたい以下の通り。 

 

雑魚が相手だからといって油断すると死ぬ

雑魚でも複数体待ち受けているところに突っ込めば、タコ殴りにされて死ぬ

いきなりボス並みに強い敵に遭遇し、わけがわらないまま死ぬ

落とし穴にかかって死ぬ

ボスエリアまでたどり着いても、ボスの動きに対処できずに死ぬ

初見トラップに引っかかって死ぬ

 

などなど・・・。とにかく死ぬゲームです。

どんな敵や罠が待ち構えているかわからず、極限の緊張感の中で慎重に進んでいかなけ

ればならない。

プレイ中はかなり神経が磨り減る。

 

それのなにがおもろいんねん・・・・

 

と思うかもしれない。

確かに難易度は高い。クリアできずに途中でリタイアしてしまう人もいる。

しかし、決して「理不尽」ではない絶妙な難易度に設定されており、それがこのソウル

シリーズの最大の魅力だ

 

理不尽ではないからこそ、死んだ後に

「あの時こうしていれば勝てたのかもしれない」

「次はこうすれば攻略できるかも」

「次はこのアイテムを使ってみよう」

とプレイヤーは希望を持つことができるし、そうやってひとつずつ敵やエリアを攻略し

ながら自分自身が成長していくのが何より楽しい。

これこそ、ゲーム本来の面白さというべきか。

 

そういう意味では、昔のマリオと少し似ている。

マリオにはレベルや装備の概念がなく、基本的には一度敵の攻撃を受けるとミスとなっ

てしまう。

難しいステージをクリアするためには、ステージの構成を死にながら覚え、何度も挑戦

して自分自身が上手くなるしかない(最近のマリオは知らないが)。

そうやって「自分の成長を楽しむ」という点において、最近のゲームにはない充実感が

得られると思う。

人を選ぶゲームであることには間違いないが、久しく忘れていた緊張感、達成感を思い

出させてくれる作品だ。

 

f:id:inugami09:20170116034914j:plain

 

魅力その2 完成度の高いアクション

ソウルシリーズのアクションの完成度は非常に高く、僕はこれこそゲームの一つの到達

点だと思っている。

まず、「重量感」と「手応え」が素晴らしい。

移動、剣の一振り、回避行動、防御などといった、キャラクターの動きひとつひとつ

に良い意味で重みがあり、リアルな人間臭さを感じる。

全ての行動に対して「スタミナ」が消費し、スタミナが尽きると攻撃や防御ができなく

なる。(スタミナはすぐに自然回復する)

この仕様によって、「ただボタンを連打していればいい」という作業感がなくなり、飽

きることなくプレイすることができる。

 

また、敵を剣で斬りつけたとき、敵はこちらの攻撃の方向に合わせてのけ反って血が出

るため、攻撃の手応えを体感できる。

 

「シュバッ!」って剣を振り下ろしたら、敵は下方向にひるむ。

「グサッ!」って突き刺したら相手は後方にのけぞる。

こういうひとつひとつの動きが、非常に丁寧に細かく再現されている。

 

こういった攻撃の確かな「手応え」や「重量感」を感じるられることから、プレイヤー

は自分自身がよくわらかない世界に迷い込んで、自分自身が強敵と命がけで戦っている

臨場感と緊張感を味わうことができる。

 

そして、このゲームは敵との駆け引きも面白い。

敵の攻撃に合わせてタイミングよくボタンを押すことで、敵の攻撃を弾く「パリィ」が

できる。

パリィが成功した後攻撃ボタンを入力すると、大ダメージを与えることができる。

また、敵の背後からの攻撃しても大ダメージにつながる。

「パリィを狙うか、相手の攻撃前後の隙をつくか」といった駆け引きから生まれる緊張

感と、うまく読みが当たった時の爽快感はなんともいえない。

もちろんハズれたら、こちらが大ダメージを受ける危険がある。

f:id:inugami09:20170115190248j:plain

本当に戦闘が面白すぎて、他のアクションゲームができなくなるレベル

ダークソウル3の他に、とあるPS4のソフトを購入してみたけどすぐにやめて売ってし

まった。

そのゲームはアマゾンから、いや、世界からも高い評価を受けてたんだけど、戦闘が

クソ過ぎて個人的に全然楽しめなかった。

もうダークソウル以外のアクションゲームができない。

どうしてくれるんですかフロムソフトウェア

 

魅力その3 極限まで作りこまれた世界観

世界観は全体的に暗く、気持ち悪い敵や不気味やボス、テンションの下がるイベントも

多い。まあ、「ダークファンタジー」ですからね。

しかし、だからこそ何気ないNPCと会話が面白く感じたり、暗い中にも美しいエリアに

たどり着いた時の感動が大きくなる。

エリアは地下墓地とか不気味な廃墟が多いけど、遠くの景色まで丁寧に作りこまれてお

り、ついつい見とれてしまうこともある。

中世ヨーロッパ風の世界観た廃墟が好きな人にとってはツボだと思う。僕は大好き。

個人的に「冷たい谷のイルシール」のマップと敵のデザインがお気に入り。

あと、「冷たい谷のイルシール」っていう言葉の響きも好き。

f:id:inugami09:20170115191118j:plain

ちなみにストーリーはあってないようなものです。

このゲームは探索とアクションがメインで、ストーリーやNPCイベントはオマケみたい

なもんです。

 

魅力その4 ソウルシリーズの中でも難易度は低め。

口コミや評価、商品レビューを見ると、この「3」が一番難易度が低いという書き込み

をよく見る。

僕自身、アクションゲームはそこまで得意じゃないけど、実はけっこうすんなりクリア

できた。

いや、もちろん鬼畜難易度という噂通りすごく苦戦したところはあったけど。

アノールロンド付近の銀騎士がうじゃうじゃいるエリアとかね。

絶望しかなかったよ。

どないせいっちゅうねんって感じだったけど、救済措置はけっこうあるからなんとでも

なるんだよね。

まあ他のシリーズをやっていないからあまり説得力はないかもしれないけど、この「ダ

ークソウル3」は、ソウルシリーズ初心者や、ライトユーザーにもおすすめできる作品

だと思う。

少しでもアクションゲームをかじったことがあれば、クリアできるはず。

 

他のシリーズでは、絶望的に強いボスや理不尽に感じるほどのストレスフルなマップも

あったらしい。

特に「ダークソウル2」は理不尽に近い難易度であり、評価も低い。

プレイ動画を見た感想は、敵の配置がいやらしく、ボスも複数体を相手にすることが多

くて、開発者がまるでプレイヤーにイジワルをしているかのような印象だった。

しかし、「ダークソウル3」にはそういう要素はない。

かなり手ごわい敵やめんどくさいマップもあったが、全体的にストレスなく楽しんでプ

レイできた。

少なくともイライラしたり、心が折れたりするようなことはなかった。

人によるかもしれないが。

どうしてもクリアできない場合は、協力プレイという救済措置も用意されている。

だから、高い難易度がネックで購入に踏み切れない人も安心してほしい。

 

また、今作から始めるにあたってストーリーが理解できるか不安に思うかもしれない

が、これも心配いらない。 

 

前作をプレイしているとニヤリとする演出がいくつかあるらしいけど、さっきも書いた

ようにストーリーはあってないようなものだからね。

探索とアクションがメイン。 

 

 

まとめ

まだまだ魅力はたくさんあるけど、代表的なところはこんな感じ。

人を選ぶゲームであることは間違いないし、ライトユーザーは戸惑うと思う。

あと、ゲームに感動的なストーリーや劇的な展開を重視している人にとってはまずおす

すめできない笑

手軽さ、遊びやすさ、感動的なストーリーといったゲームとは対極に位置しているけ

ど、ハマる人は中毒的にハマりますね。

 

僕は普段あまりゲームをやらないし、たまにやったとしても一周クリアしたら満足しち

ゃうし、そこまでやりこまない。

でも、そんな僕でもこのダークソウル3にはとことんハマってしまった。

 

今はトロコンに向けて地獄のようなマラソンをしているところです(涙目)。

あと、RTAにも挑戦するつもり。

 

こんなにゲームにどっぷりハマったのは、本当に久しぶりです。 

長文になってしまったので、最後にポイントをまとめておく。

 

ダークソウル3は・・・

 

・絶妙な難易度設定が素晴らしい

・アクションの完成度が神の域に達している

・世界観が素敵

・ソウルシリーズ初心者にもおすすめできる

 

欠点としては。

・雰囲気の暗いマップが多く、ずっとやっていると気持ちが沈む

・ストーリーやNPCイベントも暗いものが多い

・ストーリー重視の人にはおすすめできない

・人によっては心が折れる難易度

・ほかのアクションゲームができなくなる

 

以上の通りでございまする。

迷っているなら買うべきですよ。

 

え、PS4持ってない?

 

本体も一緒に買えばいいじゃん

ようこそダークファンタンジーの世界へ

 

 

  

 

広告を非表示にする