読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この星を懸けたニートの戦い

Zbrushを使った3Dモデリングの作品や、日々の妄想を記事にしてます

今話題のシンゴジラ観に行った(ネタバレあり)

雑記

シンゴジラ大反響ですね。

僕も観に行きました。

 

いやぁ~最高でした。

もうそれしか言えない。

僕は映画はほとんど観ないし、映画館いったのも5年降りくらいでした。

 

漫画はけっこう読むんですが映画は多くて年に1、2本程度しか観ません。

なので映画については、

「最高でしたー」とか、
「感動したー」

などといった、非常にアタマの貧弱そうな感想しか出てきませんすいません。

 


よって、印象に残ったシーンを振り返ることでちょっと映画レビューっぽい

記事にしていきたいと思います。はい。

 

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

ゴジラ初登場シーン

 

 

 

 

 

おおっ!?

ってなりますよね。

最初から予告で何度も見たゴジラが出てくると思いきや、なんとも愛らしいトカゲみた

いなやつが出てきましたね。

どうやってこの子がゴジラになるのか、期待が高まっていきます。

 

 

・大杉蓮さん最高

 

 

すごくいい味出してた。

「聞いてないぞ」

「えっ、動くの?」

とか、名言も多く残されてます。

このシーンで劇場で吹き出しちゃったんですが、笑ってたの僕一人でした。

みんなもっと笑えばいいと思うんだ、うん。

 

 

 


自衛隊による初の攻撃

 

 

手汗握るとはまさにこのこと。

見たことも聞いたこともない、ナントカ砲やらナントカミサイルやらを

撃ちまくるが、

 

 

 

ゴジラノーダメ

 

 

それどこらか表情一つ変わらない。
恐い。このゴジラ恐すぎる。

 

 

 

・放射熱線シーン

 

 

くぱあ
おええええええ
オロオロオロオロオロオロオロ
ゴオオオオオオオオオオ
内閣総辞職ビィィィーム!!

 

 


・他国からの核攻撃要請に屈せず、知恵を振り絞る日本人達の雄姿

 


世界唯一の被爆国である日本。

もう二度と、この国に核を落としてはならない。

核だけは絶対に選択してはいけない。

どんなに絶望的な状況であろうと、最後まであきらめてはならない。

 

そんな政治家たちの強い思いがスクリーンから伝わってきました。

多くの犠牲を払ったが、結果的に日本人の手で、核に頼らずにゴジラという災厄を退けた。

こんなん泣くに決まってるやろ。

 


以上、印象に残ったシーンでした。

 

ただ、大したことないけどちょっと気になったことが一つ。

 

ゴジラは東京に何しに来た?

 

という疑問。

東京においしいエサでもあるのか?

単に東京が嫌いだから街を破壊した?

だとしたらなんでそこが東京だとわかるんだ?

ゴジラは標識読めるの?


この疑問に対して、作中ではあまり触れられていませんでした。

まあ全然大した問題じゃないんですが、あれ?って思ったんで。

 

 

庵野さんありがとう

 

 

僕だけでなく多くの方がこのシンゴジラを絶賛しています。

これだけ絶賛されているのに、アンチみたいなのが沸かないのも珍しいですよね。

僕が知らないだけかもしれませんが。

 

多くの方から支持され、愛され、感動を与えてくれる最高の映画でした。

心から観に行ってよかったと思える作品でした。

 

ニートに感動をありがとう。

 

広告を非表示にする