この星を懸けたニートの戦い

この星を懸けたニートの戦い

迷走しまくりだけどなんとか幸せをつかもうと奮闘する男の記録

【おすすめ書籍】ビートたけし著「間抜けの構造」が面白いので紹介する

最近堅苦しい本ばかり読んでいたので、たまにはちょっとくだけた感じの文章が読みたいと思い、ビートたけしの「間抜けの構造」という本を見つけた。

 

間抜けの構造 (新潮新書)

 

 間抜けの構造。

この本はタイトルにある通り、「間抜けな人」の紹介から始まり、漫才や映画における「間」ついて書かれ、最後はたけし自身の人生の「間」について書かれている。

 

本の前半では、主にたけしの身の周りにいる間抜けな人間を紹介している。

「こんな間抜けなやつがいて、こんなアホなことをした」とか、

「世の中にはこんなにバカな人間がいるんだ」

などといった、くだけた内容からスタートしている。

 

これらのエピソードが本当に面白い。

読んでいてあまりに顔がニヤついてしまうので、電車では読めなかった。

こんなに笑えるのは、紹介された人たち自身が面白いというのももちろんあるが、やっぱりたけしの伝え方が上手いからというのも大きい。

リズムの良い文章で、スッと頭に入ってきて情景がパッと思い浮かぶ
たけは漫才や、落語も少しやってたからこういう文章が書けるのだと思う。地アマタの良さもあるんだろうけど。

たけしの周りにはどうしようもない間抜けだけど、どこか憎めない人でいっぱいなんだなぁという印象を受けた。

特にたけし軍団は本当に間抜けな人ばかりだが、本人はもちろんわざとやっているわけではなく、いたって真剣だ。だから余計に面白し、どこか微笑ましい。

 

 

本の後半では、たけしのお笑い論や映画論が語られている。

お笑いにおける「間」、映画における「間」について、それぞれたけし自身の考えが述べられている。

特に映画では、時間的な「間」だけでなく、空間的な「間」をどうデザインするかという話が印象的だった。カメラの中に人物をどう配置するか、背景はどうするか。

彼は映画を「間の芸術」と捉えており、あまり意味を押しつけがましくしないようにし、視聴者が想像する余地を残すことができるようにしているという。

たけしの映画には独特のカットや時間の流れがあるが、こういったことを意識して映画を作っているからだと思う。

 

また、たけし曰く、最近のテレビは適切な「間」がないという。

決められた時間内にあれやこれやと情報を詰め込み、視聴者が自分で考えたり想像したりする力を奪っているとたけしは考えている。

 

特に、テロップに「(笑)」をつけることに我慢ができないらしい。

「ここが笑うところだよ」と、丁寧に説明してあげなければならないほど、今の人は想像力が落ちており、お笑いが分からなくなっていることを嘆いている。

 

そして、終盤では少しだけ自分の人生についての「間」を少し語り、本書を締めくくっている。

 

前半はたっぷり笑うことができて、後半はたけし独特の「間」についての考えに触れることができる。

僕は特にたけしのファンというわけではないが、それでも十分に楽しめる内容だった。
彼のファンなら尚更おすすめです。

 

間抜けの構造 (新潮新書)
ビートたけし
新潮社
売り上げランキング: 36,215

【はてなブログ】無料版でもトップページに記事を一覧表示させる方法

このブログは基本的に自分語りばかりなので、たまには人のため、世のために役立つ記事を書こうと思います。

 

昨日、ブログのデザインをちょこちょこといじりました。

一番やってよかったなあ、と思ったのがトップページに記事を一覧表示させる方法です。

 

今までやたらページの読み込みが遅かったんですよね~。
動画や画像を記事内に貼付けまくってたことも原因だったのでしょうが、デザインも悪かったみたいですね。
その証拠に、トップページに記事一覧を表示させるように設定したら、読み込み時間が短くなりました(たぶん)。

 

通常、一覧表示設定は無料版ではできないようになっているんですよ。

ほら、

f:id:inugami09:20170912194015p:plain

 

一覧表示させたかったら金払えよってことです。

 

そんな金ねえよ・・・。僕がどんだけ貧乏だと思ってんだ。

貧乏人は一覧表示するなってことかぁ!?(そんなこと言ってない)

 

 

前々から一覧で表示したいな~と思っていたので、検索したらあっさりその方法が見つかりました。
わざわざ書くの面倒なので、細かな設定方法が書かれている記事をシェアします。

 

ほいっ

 

iitaikotoha.hatenablog.com

 

どうでもいいんだけどさ、こういうハウツー的な記事ってさ

 

・自分のブログの記事内でやり方を説明する

・参考にしたサイトやページのURLを張り付ける

 

っていうパターンが多いよね。

そんで、自分で書いた方内容と参考にしたサイトの内容が全く同じだったりする。

 

 

・・・じゃあ自分で書く必要なくね?

なんでわざわざ同じこと2回も書くの?

上で紹介した人も、内容的には参考にしたサイトと全く同じことを書いている。

「このページ見てね~」つって、URL貼り付けときゃよくね?

 

文字数稼ぎなのか、それとも暗黙のルールがあるのか。

う~ん、わからん。

 

また例によって無駄な小言を挟んでしまいましたが、無料版だけどトップページを一覧表示させたい!って人は参考にしてください。誰でもできます。僕でもできました。

 

「Proにアップグレードすればいいじゃんwww月に1000円程度も払えねえのかよwww」

って言ったやつ、体育館裏に集合な(^^

貧乏人よ、共に助け合って生きてゆこうではないか。

初対面でやたら愛想がいい人には注意すべき

頼む、助けてくれ(拡散希望)

 

 みんな、金がねえ

もう本当にギリギリの生活で、我が家は火の車でございます。

明日食う飯にありつけるのか怯えている日々を送っているのだが、どうやらお金の不安というものは、その実態が見えないからくるものらしい。

そこで、ちょっと財政状況を整理してみた。

 

まずは僕の毎月の出費から

・家賃→59000

・食費・雑費→20000

・光熱費→5000円~8000円くらい

・通信費(携帯料金と回線費用)→5000円~6000

・レッスン代(前々回くらいの記事で言った、新しいことをするための教育費)→13500

・年金→免除申請したので0

国民健康保険→毎月5000

・住民税→今のところ0円だけど、そろそろお達しが来そう・・・

月によって変動があるけど、合計だいたい11万くらいかな

 

毎月の収入

・バイト代(週3日ほど)で10万ちょっと

貯金

28040

 

あれ、割とやばい。いやー笑えねえ。。。

 

ここで、多くの人がこう思うことでしょう。

バイト増やせばいいじゃん、と。

 

うん、それは理屈としては正しい。しかし、僕はこのブログでも何度か記事にしたが、新しいことに取り組んでいる。

バイトを増やしてしまうと、勉強時間が取れなくなってしまう。いわゆる「本末転倒」になってしまう。

とはいえ、このままだと生活を維持できない。

あちらを立てればこちらが立たず。困った。

 

というわけで、僕は二つの結論を出した。

一つは、「しばらくはバイトを増やすが、同時にネットビジネスにも取り組む」である。その間の勉強時間は気合で確保する。

 

ここでいうネットビジネスとは、「アフィリエイト」のことです。

まあこのブログでも既に広告貼ってるし、過去の記事で一度アフィリエイトリンク貼ったことはあるが、これからは本格的に取り組むという方針です。

アフィリエイトって最初のうちは全く収益は発生しないけど、長期的に見ればバイトよりも圧倒的に効率よく稼げるようになると思うんです。もちろん、真面目に取り組んで、上手くいけばの話だけど。。。

理想は、アフィリエイトで稼げるようになってバイトを辞めること。

そして、余った時間をすべて勉強に注ぎ込めれば最高なんだが、上手くいくかわからない・・・。

 

もう一つのは、クラウドファンディング

これは、ネット上で不特定多数のユーザーに働きかけ、お金を募るという方法だ。クラウドファンディングに成功するためには、お金を集める目的を明確にして発信した上で、さらにその人の知名度、人気、読者(ファン、フォロワー)との信頼関係が必要だ。

 

僕のお金が必要な理由は明確だが、このブログと僕の知名度は皆無に等しいし、読者との信頼関係も築けていない。(そもそも読者いるのか・・・?)

これはもしかしたらアフィリエイトよりさらに時間がかかるかも。ニコ生でアイドル系ゲーム実況者にでもなろうかな。

いや、ごめん。最後のは忘れて。

 

そんなわけで、とりあえずこのブログではアフィリエイトに注力していこうと思う。今まで何となく避けてきましたが、もうなりふり構っていられない。クラウドファンディングはテキトーなタイミングでやります。

 

また、この記事を読んで、「こいつになら投資してやってもいいな」と思っていただける神様がいらっしゃったら、ツイッターDMください。

その際、なにか投資するにあたって条件があれば教えてください(何を勉強しているか教えてとか、毎週の活動を報告してとか、もっと記事更新しろとか、もっとお前のことを教えろとか)。

 

 

ほんのわずかなお金でも、投資していただけるとものすごく助かります。それだけ時間的にも金銭的にも余裕がありません。

何卒、よろしくお願いします。

 

突然ですが・・・・

みんな、金がねえ

 

現在、本当にギリギリの生活を送っており、家計は火の車でございます。

 

明日食う飯にありつけるのか怯えている日々を送っているのですが、どうやらお金の不安というものは、その実態が見えないからくるものらしい。

 

そこで、ちょっと財政状況を整理してみた。

 

まずは僕の毎月の出費から

・家賃→59000円

・食費・雑費→20000円

・光熱費→5000円~8000円くらい

・通信費(携帯料金と回線費用)→5000円~6000円

・レッスン代(前々回くらいの記事で言った、新しいことをするための教育費)→13500円

・年金→免除申請したので0円

国民健康保険→毎月5000円

・住民税→今のところ0円だけど、そろそろお達しが来そう・・・

月によって変動があるけど、合計だいたい11万くらいかな

 

毎月の収入

・バイト代(週3日ほど)で10万ちょっと

貯金

・28040円

 

あれ、割とやばい。冷静になるどころか、さらに焦りが・・・。

 

ここで、多くの人がこう思うことでしょう。

 

バイト増やせばいいじゃん、と。

 

うん、それは理屈としては正しい。しかし、僕はこのブログでも何度か記事にしたが、新しいことに取り組んでいる。

inugami09.hatenablog.com

 

バイトを増やしてしまうと、勉強時間が取れなくなってしまう。いわゆる「本末転倒」になってしまう。

 

とはいえ、このままだと生活を維持できない。

あちらを立てればこちらが立たず。困った。

 

というわけで、僕は二つの結論を出した。

一つは、「しばらくはバイトを増やすが、同時にネットビジネスにも取り組む」である。その間の勉強時間は気合で確保する(根性論万歳)。

 

ここでいうネットビジネスとは、「アフィリエイト」のことです。
まあこのブログでも既に広告貼ってるし、過去の記事で一度アフィリエイトリンク貼ったことはあるが、これからは本格的に取り組むという方針です。

アフィリエイトって最初のうちは全く収益は発生しないけど、長期的に見ればバイトよりも圧倒的に効率よく稼げるようになると思うんです。もちろん、真面目に取り組んで、上手くいけばの話だけど。。。

 

理想は、アフィリエイトで稼げるようになってバイトを辞めること。
そして、余った時間をすべて勉強に注ぎ込めれば最高なんだが、上手くいくかわからない・・・。

 

もう一つのは、クラウドファンディング

 

これは、ネット上で不特定多数のユーザーに働きかけ、お金を募るという方法だ。
クラウドファンディングに成功するためには、お金を集める目的を明確にして発信した上で、さらにその人の知名度、人気、読者(ファン、フォロワー)との信頼関係が必要だ。

僕のお金が必要な理由は明確だが、このブログと僕の知名度は皆無に等しいし、読者との信頼関係も築けていない。(そもそも読者いるのか・・・?)

これはもしかしたらアフィリエイトよりさらに時間がかかるかも。ニコ生でアイドル系ゲーム実況者にでもなろうかな。

 

いや、ごめん。最後のは忘れて。

 

そんなわけで、とりあえずこのブログではアフィリエイトに注力していこうと思う。今まで何となく避けてきましたが、もうなりふり構っていられない。クラウドファンディングはテキトーなタイミングでやります。

 

また、この記事を読んで、「こいつになら投資してやってもいいな」と思っていただける神様がいらっしゃったら、ツイッターでDMください。

その際、なにか投資するにあたって条件があれば教えてください(何を勉強しているか教えてとか、毎週の活動を報告してとか、もっと記事更新しろとか、もっとお前のことを教えろとか)。

 

ほんのわずかなお金でも、投資していただけるとものすごく助かります。それだけ時間的にも金銭的にも余裕がありません。非常に図々しいお願いですが、検討していただけるなら、幸いです。

 

何卒、よろしくお願いします。

炎上芸に対する反応の仕方に、自分のことを掴む鍵がある

 

最近、大物Youtuberのヒカルさんって人が何やら炎上しているみたいですね。

f:id:inugami09:20170824232523j:plain

 

巷では「VALU騒動」なんて言われているらしいですが、僕はこういう騒動にとても興味があります。

ただし、興味のベクトルは「自分自身」です。「その人がなぜ炎上しているのか、どんな悪口をいわれているのか」というよりも、人の気持ちを逆撫でする行為に対する自分の反応が、時と場合によって全然変わってくるので、なぜだろうと不思議に思うのです。そして、そういうことを考えるのが好きなんです。

この記事は、僕以外誰も得をしない、ただの自己分析と思考のプロセスを文字に起こしただけです。

よって、あなたがこの記事から得るものは何もありません。

どうして炎上しているのか知りたい方は、他のサイトへどうぞ。

彼は今回の件で「詐欺師」とまで言われていますが、真相はよくわからないし、何より興味がありません。僕の興味関心の対象は、いつだって自分のことです。

 

さあ、今日もクソみたいな記事の幕開けだ!

 

 

彼が、いや彼のような有名人が何かやらかして炎上するたびに、

一生懸命批判する人、

俯瞰で分析する人、

全く反応しない人、

本当は興味津々で叩きたいくせに、わざわざ匿名の掲示板で「興味ないわ」と書くことによってただ騒いでいる人よりも優越していると錯覚する人、

など、色んな反応の仕方がある(いや、最後のは「騒いでいる人」に対してではなく、「ヒカルさん本人」に対するせめてもの仕返しだろうか?つまり、「おれはお前の炎上芸にいちいち反応するほど単純でもバカな人間でもないんだぜ」、という意思をヒカルさん本人に見てもらいたくて仕方がなく、見られるはずのない掲示板に書き込んで一生懸命興味のないフリをするのだろうか・・?)

 

まず、今回のヒカルさんの騒動と、彼のこれまでしてきたことを少しだけ調べたのですが、それに対して僕は彼の思惑通り(?)少しイラッとしました。

理由は色々考えたのですが、結局、多くの人がそうであるように僕の場合も「嫉妬」でした。では、彼の何に嫉妬したのか?

それは容姿でもお金でも、女性人気でもなく、「アタマの良さ」でした。

 

 

彼のこれまでの経歴を少し調べたのですが、とんでもない行動力を持っており、優秀なビジネスマンの素質があることに気付かされました。

以下の記事に、彼の経歴が詳しく書かれています。(サムネが微妙にうざい)

 

youtuberch.com

 

特に、「3年間で動画投稿数8000で、1月当り約222個の動画を投稿」ってのが化け物ですね。Youtuberの前はアフィリエイトで月収1000万も達成したこともあるそうです。

 

 

僕は小さい頃から要領が悪く、頭の回転が遅くていつもそれに対して劣等感を感じていました。

ヒカルさんは、学歴はあまりよくないけれど、尋常でない行動力と営業力、ビジネスセンスを持っています。そして、こういう「アタマが良いところ」が僕のコンプレックスを刺激しているのだと思います。

 

そもそも僕には今回炎上の元になっているVALUってのがよくわからん。

最近、仮想通貨だとかビットコインだとかブロックチェーンだとか、なにやら僕の出来の悪い頭では理解が難しいものが次々に生まれている。

貧乏人には縁のない話みたいだからスルーしてるけど、僕はこういうなにやら小難しいことを柔軟に取り入れることができない。興味がないからってのもあるけど、昔から小難しいことをに対して頭が回ってくれない。

ヒカルさんとはほぼ同年代なのに、僕にはとうてい理解できないことや難しいことを彼は軽々やってのけているように見えて、ちょっとイラっとしたんだと思います。

 

自慢じゃないんですが、僕は本当に人より理解力が低い。

新卒でIT企業に入社して、SEとして働いていた時期があったんだけど、プログラミングがさっぱりわからなかった。

入社して最初の3ヶ月は新人研修で、僕以外の同期が難なく理解できることを、僕は何倍も時間をかけなければ理解できなかった。

入社する前はなんとかなると思っていたんですが、なんともならず、結局嫌になって1年で辞めちゃってます。

 

入社する前はなぜか根拠もなく自分が一番に慣れると思い込んでいただけに(こいつバカ!?)、理想と現実の激しいギャップに僕のちっぽけなプライドはボロボロになりました。

 

が、人間ってのはボロボロになって初めて素直になれるらしく、会社を辞めてからは冷静に自分と向き合う時間が増えました。

そして、最近になって自分の長所短所を含め、やっと等身大の自分を受け入れられるようになった気でいました。

しかし、ヒカルさんに対して多少でもイラッとした時点でやっぱりまだコンプレックスとして残っているみたいです・・・。

 

こんな感じで人の感情を逆なでする行為や炎上芸に対し、自分が何に対し、どんな反応をするかを考えると、自分を掴む鍵となります。

ただし、多くの場合、こういった分析は自身のコンプレックスを刺激することになります。自分にとって一番触れたくないこと、これまで意識の奥に押し込んで蓋をしてきたものを無理やりほじくり出すため、当然、とても辛い作業です。人によっては、直視するのが嫌で、解釈を勝手に変えてしまうこともよくあります。

本格的に知りたいなら、カウンセラーに相談したほうがいいと思います。

 

うん、結局僕は何を言いたかったんだろう。

とりあえず、笑顔で生きていればいいことあるぜ!

 

P.S

自分を掴むといえば、クロロの言っていた動機の言語化もおすすめです。

f:id:inugami09:20170824233823j:plain

 

「一生懸命」の意味をはき違えた人は害悪

前回の記事で、やっと原型師として働くチャンスをもらったが、就職を断ったというお

話をしました。

断った理由は新しく他のことがやりたくなったと書きましたが、実はもう一つあるんで

す。それは、「労働環境が悪いから」という理由です。

 

フィギュアメーカーはいわゆるブラック企業ばっかりなんですよ。内定をいただいた

「グッド○マイルカンパニー」や「マッ○スファクトリー」も例外ではありません。

僕の友人の彼氏が「グッド○マイルカンパニー」で営業職として働いており、友人を介

して色々お話を聞きました。

続きを読む

スカルプターズトライアウト合格しました

僕は3年位前からフィギュア原型師になりたくて、新卒で入った会社辞めました。

それからは、家に引きこもって毎日粘土をこね続けてきました。

 

1年前ほど前から3Dモデリングソフトを使用した「デジタル原型師」に方向転換し、

Zbrush」(←読み方は「ズィーブラシ」です。「ゼットブラシ」じゃないよ。ガノタ

の方は「ゼータブラシ」って読みたくなるだろうけどそれは違うよ!気持ちはすごくわ

かるけども!!」)というソフトを使ってモデリングしてます。今までチマチマと作っ

た作品は以下のページに掲載しています。

inugami09.hatenablog.com

 

原型師になる方法は色々あってここでは詳しく書かないけど、その一つにスカルプター

ズトライアウトというものがあります。

 

これは「グッドスマイルカンパニー」と「マックスファクトリー」という二大フィギュ

アメーカーが主催しており、僕みたいにフィギュア原型師になりたい人のためのイベン

トです。

 

続きを読む