この星を懸けたニートの戦い

Zbrushを使った3Dモデリングの作品や、日々の妄想を記事にしてます

「一生懸命」の意味をはき違えた人は害悪

前回の記事で、やっと原型師として働くチャンスをもらったが、就職を断ったというお

話をしました。

断った理由は新しく他のことがやりたくなったと書きましたが、実はもう一つあるんで

す。それは、「労働環境が悪いから」という理由です。

 

フィギュアメーカーはいわゆるブラック企業ばっかりなんですよ。内定をいただいた

「グッド○マイルカンパニー」や「マッ○スファクトリー」も例外ではありません。

僕の友人の彼氏が「グッド○マイルカンパニー」で営業職として働いており、友人を介

して色々お話を聞きました。

続きを読む

スカルプターズトライアウト合格しました

僕は3年位前からフィギュア原型師になりたくて、新卒で入った会社辞めました。

それからは、家に引きこもって毎日粘土をこね続けてきました。

 

1年前ほど前から3Dモデリングソフトを使用した「デジタル原型師」に方向転換し、

Zbrush」(←読み方は「ズィーブラシ」です。「ゼットブラシ」じゃないよ。ガノタ

の方は「ゼータブラシ」って読みたくなるだろうけどそれは違うよ!気持ちはすごくわ

かるけども!!」)というソフトを使ってモデリングしてます。今までチマチマと作っ

た作品は以下のページに掲載しています。

inugami09.hatenablog.com

 

原型師になる方法は色々あってここでは詳しく書かないけど、その一つにスカルプター

ズトライアウトというものがあります。

 

これは「グッドスマイルカンパニー」と「マックスファクトリー」という二大フィギュ

アメーカーが主催しており、僕みたいにフィギュア原型師になりたい人のためのイベン

トです。

 

続きを読む

【東京タラレバ】最終巻を読んだ感想※ネタバレ注意

ちょっと遅いですが、東京タラレバ娘の最終巻を読んだので感想を語ります。

この作品は、実写ドラマ化もされてけっこう話題になりましたね。

 

f:id:inugami09:20170813202559j:plain

※1巻の表紙

 

どういう話かっていうと、一言でいえば「結婚できずに迷走するイタいアラサー女を描いた作品」といえばいいでしょうか・・・。

 

物語は、高校から同級生である3人のアラサー女(33歳)に焦点を当てており、この3人

は「結婚はおろか恋人すらできる気配無し」という共通点を持っています。

 

3人で頻繁に居酒屋に集まり、アラサーでありながら「女子会」を開き、見たくない現

実から目を背けて酔いつぶれるまで飲み続ける日々を送っています。

東京の居酒屋に集まり、「あの時こうしていたら~」「ああしていれば~」という話ば

かり繰り返しているから、「東京タラレバ娘」なんだそうです。

 

 

・・・何をぼくは真面目に作品解説なんてしているんだ。こんなのウィキペディアに任

せればいいんだ。

この前単行本の9巻が発売され、物語は完結しました。

そういうわけで、早速感想いきます。

 

あ、ネタバレありです。ご注意ください。

 

 

続きを読む

「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんの記事がつまらなくなってしまった理由

ブログをかじった人なら、特にはてなブログを利用している人ならヒトデさんの名前

は聞いたことがあると思う。「今日はヒトデ祭りだぞ!」という超人気ブログを運営し

ている方です。

あ、最初に断っておくと、この記事には彼を批判する文言が多々出てきます。

しかし、批判をするのは僕自身が彼のファンだからです。応援の意味も込めて批判をし

ています。ファンチってやつだ。

この記事を読んでヒトデファンの方は不快に感じるかもしれませんが、僕も同じファン

であるということを忘れないでください。

 

よし、予防線はこれくらいでいいだろう。

では本題。

 

www.hitode-festival.com

 

このブログは大変人気で、月間PV数は100万、アフィリエイトや広告収入を合わせると

なんと月に100万の収益を上げているらしいです。(かなわねぇ・・・)

続きを読む

Macおじさん、僕もMacのパソコンがほしいです

最近、「Macおじさん」なるものが流行っているみたいです。

主にプロのブロガーの方が、将来有望な若者に対し、MacBookだとかMacノートだとか

をプレゼントしてあげるという動きです。

太っ腹ですな。

もちろん、プレゼントなので「タダ」です。

 

ただし、プレゼントする側にとっては「誰でもいいからあげる」というスタンスではな

く、ちゃんとその人に見込みがあるかどうかを判断しています。

 

判断基準としては、ツイッターフェイスブック、ブログを開設していることはもちろ

んのこと、日頃どんな情報を発信してどんな活動しているかを見ているそうです。

 

まあ当たり前ですよね。

どこぞの馬の骨ともわからんやつとか、やる気のないやつに与えるより、ちゃんと使い

こなして十分に役立ててくれる人にプレゼントしたいと思うのは、ごく自然なことでし

ょう。

 

そんなMacおじさんに一言いいたい。

 

Macおじさん、

僕もMacパソコンほしいですくださいお願

いします。

 

もうね、恥も外聞もなく頼みますが、本当に欲しいです。金持ってんだろ。いいじゃん

一つくらい。

今使ってるPCはもうかれこれ5年以上使ってまして、だいぶガタがきてます。

起動するとなにやら異音がするし、動作も遅い。3Dモデリングソフトとか、画像編集

ソフトを起動すると、さらに重くなる。

 

そろそろ限界が近いみたいです。

 

だけど、ここで大きな問題にぶち当たる。

Macおじさん」なる方たちから見て、ぼくはどう考えてもプレゼントに値する人材ではない。

 

ブログ更新したのも3か月振り。しかもよく失踪する。ツイッターも最近全然使ってな

い。ブログで書いている記事はなにやら要領得ない雑記や、ふざけた記事、オタク丸出

しの3Dモデリング作品の紹介ばかり。

誰かの批判もするし、愚痴やら文句やらも多い。

 

正直、こんなぼくにMacおじさんがMacBookを片手に微笑んで手を差し伸べてくれると

はとても思えない。しかし、新しくパソコン買い替えるお金はない。でもパソコンは必

要・・・でも、でも・・・・・うわああああああああああああああああ(''Д'')

という気持ちです。

 

うーん、どうしようかな。そもそもあれは、ブログで食っていきたい人を対象に配って

いるのだろうか?

だとしたら、今後とも僕はそのつもりは一切ないから無理なのかな?

 

まあとりあえず記事をたくさん書きますかね。話はそれからでしょうね。全っっっ然書

いてねえからな。

Macおじさん達に媚びて興味関心を向けてもらえるような記事を書き、MacBook上手

いこと手に入れたいプレゼントしていただけるような立派な人間になるよう、精進致し

ます。

NHK集金にまつわる苦い思い出と、奴らを一発で撃退する方法。

最近、引っ越しをしました。

理由は、うーん・・・現状不満とでもいいますか。

とにかく壁が薄くて隣の生活音めっちゃ聞こえてくるし、汚いし、ボロいし。前々から

引っ越そうとは思ってたんですがなかなかタイミングがなくて先送りしていました。

 

が、とうとうこの度引っ越しましたー。

 

引っ越し先ですが・・・

 

とにかく部屋キレイ。

風呂とトイレが別なことに感激。

そして、都市ガス!今までプロパンガスだったんですが、引っ越し先は都市ガスです!

これで冬も気兼ねなくお風呂沸かせる!冬にシャワーだけとか寒すぎるからね。

むしろシャワーすることで余計寒くなるから、もう風呂に入る気すら起きなくなる。

まあだから、去年とかほとんど入ってなかったんだけど。きたねえ。

あ、引っ越してからは毎日入ってるよ!

 

 

んで、本題に入るんだけど、新しい住居に引っ越すと必ず奴が現れるよね。

Gじゃないよ。Gも出たけど。

 

あの手この手で消費者からお金を巻き上げようとする、そう、

NHKの集金です。

 

3日くらい前に、僕のところにも来ましたよ。

しかも夜の9時前に。何考えてんだ?

 

続きを読む

決意表明

どうも、私です。

 

この記事を読む前に、少しだけ僕のことを話させてください。

僕のことを知っている人が果たして何人いるかわからないし、僕のことを知らないと、この記事の意味がわからないと思いますので。

 

自己紹介ページでも書きましたが、僕は2013年に大学を卒業し、そのまま某IT企業にSE(システムエンジニア)として入社しました。なぜSEなのかというと、理由は何もありません。中身空っぽ人間だったので「とりあえずIT企業で、とりあえずSEになっておけば間違いない」みたいな思考だったと思います。

しかし、入社して10か月くらいしてから考え方が変わりました。自分が本気で好きなことを、真剣に突き詰めたいと思うようになりました。そこらへんの思考の詳しい過程はここでは話しません。

 

そして、なんやかんやでフィギュアの原型師になりたいと思い、2014年の5月に会社を辞めて、ニートみたいな生活を送りながら毎日毎日作業に没頭しました。

こちらのページで2014年から作ってきたものを確認できます。

 

自己紹介は以上です。ここから本題です。

 

続きを読む
広告を非表示にする