読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この星を懸けたニートの戦い

Zbrushを使った3Dモデリングの作品や、日々の妄想を記事にしてます

【PS4おすすめソフト】ダークソウル3の魅力を全力で語る

おすすめコンテンツ

買ってしまいました。

f:id:inugami09:20170116034644j:plain

ニートでお金ないのに、PS4本体とゲームディスプレイとダークソウル3をまとめて買

ってしまいました・・・。

なけなしの貯金をはたいて。

 

だが後悔はしていない。

 

後悔していないどころか、今では心から買ってよかったと思っています。

本当に素晴らしい作品に出会えた。

僕がこれまでやったゲームの中で1、2位を争う出来です。

あまりにこのゲームに対する満足度が高いので、この記事でがっつりレビューしていこ

うと思う。

 

いやーもう、このダークソウルってゲームは、ずううううううううううぅぅぅぅー・・・・・っと前から欲しかったんですよ。

 

このゲームの存在を初めて知ったのは、ニコニコ動画に投稿された実況プレイ動画を見

たのがきっかけでして。

見てるだけでも面白くて、その時からずっとやってみたいと思ってましたね。

 

ちなみに「ダークソウル」というゲームは、「デモンズソウル」というPS3のゲームの

続編にあたるもので、これらをまとめて「ソウルシリーズ」と呼ばれていたりします。

 

PS3デモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2

PS4⇒ダークソウル2(PS4バージョン)、ダークソウル3

 

こんな感じでシリーズ化してます。

そんで、僕が今回おすすめするのがPS4から発売された「ダークソウル3」です。

ではでは早速魅力を紹介していきますぜ。

 

続きを読む

【幽遊白書】飛影と躯を描いてみた

イラスト

なんとなく描きました。

漫画、「幽遊白書」より飛影と躯です。

f:id:inugami09:20170113142333j:plain

 

うん、なんというか、初心者丸出し笑。

3Dモデリングの息抜きに描いたものです。

 

絵は普段から描くといえば描くんですが、ラフスケッチがほとんどですね。

3Dモデリングの際、キャラクターのポーズを決める時にササッと簡単にいくつか描く

くらいです。

ジェスチャードローイングっていうのかな。こんな感じで。

f:id:inugami09:20170113143614j:plain

(僕が描いたものではありません)

 

ボチボチ絵の勉強も始めていきたいと考えてます。

画力の向上が、そのまま造形力の向上にもつながるので。

 

あと、どうでもいいけど躯って幽白で一番美人だよね。

共感してくれる人少ないけど笑

あ、幻海もかわいいか。

もちろん、ばあさんの時も含めて。

「プログラミングが好き」っていう人は生きていくのに困らないと思う(うらやましい)

雑記

情報技術の需要は凄まじく、今後さらに拡大していくといわれている。

さらに数十年後、拡大する需要に人材が追い付かず、エンジニア不足の時代が到来する

らしい。

 

僕もニートになる前は、某IT企業で1年だけ働いていた。

そこでは「仕事が受注できなくて困っている」なんて状況はなかったし、

それどころか「人が足りなくて困っている」という現場が多かった。

(もちろん、ここでいう「人」とは「使える人材」のことだが)

 

この業界は人の出入りも激しい。

他の企業へ転職する人、転職してくる人、フリーランスになる人、逆にフリーランス

ら入ってくる人など、様々な人がいた。

 

そしてこの業界は、実力さえあればどんな働き方もできるし、待遇の良い会社を見つけ

やすい。僕の同期でも、入社して3年目で給料が倍の企業への転職に成功した人がいる

らしい。

また、「もっと面白いことがしたいから」という理由で大手からベンチャー

業に転職する人もいた。

 

でも個人的に最もうらやましいと思うのは、プログラミングを学べる場、コミュニティ

ーが増えているということだ。

 

大学や専門学校で情報技術を専攻しなくても、いくらでも学ぶ機会がある。

TECH::CAMP」とか面白そう。

f:id:inugami09:20170112132607j:plain

(画像はてきとーにチョイスしてます)

 

キャンプ中はメンターが常時待機し、疑問点はすぐに質問して解決ができるとのこと。

就職のサポートもしてるし、評判もいいみたい。

お値段も良心的。

キャッチコピーの「1ヶ月で人生が変わる」かどうかは、もちろん本人の努力次第だけ

ど、未経験からプログラミングを本気で学びたいって人には最高の環境が揃っていると

思う。

 

続きを読む

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)のレムを作ってみた。

Zbrush作品

リゼロのレムです。

f:id:inugami09:20170111233245j:plain

f:id:inugami09:20170111233304j:plain

f:id:inugami09:20170111233331j:plain

 

 

 

すいません原作は一切わかりません。

 

 

「なんかいろんなところで見るから人気キャラクターなのかなー

じゃあ作ってみようかなー」

っていう軽いノリで作りました。

 

あとは、僕が目指している「デジタル原型師」は美少女フィギュアのモデリングが主な

仕事になるので、その練習も兼ねて作った感じです。

 

このレムってキャラクターは双子で、もう一人は「ラム」っていうらいんだけど、何故

かラムの方はあまり人気ないような印象です。

 

f:id:inugami09:20170111200601j:plain

※左がラムで右がレム

 

顔面格差はないのに、圧倒的にレムの方が人気らしいです。

たぶんレムは見た目だけじゃなくて、いわゆる「キャラ」が可愛いのかな。

男心をくすぐるというか、グッとつかむというか。

 

萌えは奥が深い・・・。

夢とか自由とか自己実現を語るプロブロガー()に対して思うこと

雑記

「自分らしく自由に生きていく」

「会社に頼らず、自分で稼ぐ力を身につけよう」

「他人の目を気にせず、自分が思うとおりに生きよう」

こう語る人って最近増えてるよね。特にブログ界隈で。

 

最初に断っておくと、僕はこれらの意見に完全に同意です。

プロブロガーには死んでもなりたくないけど(というかなれない)、こういった意見そ

のもに対しては賛成だ。

 

この人とか典型だよね。「あんちゃ」って人。

www.mazimazi-party.com

 

この人は、「まじまじぱーてぃー」というブログのほかに「らぶりりーす」という

サイトも運営している。

どんな内容かは説明するより見たほうが早い(興味なければ見なくもいい)。

lovemazipa.com

 

この人のすごいところを簡単に挙げると、行動力と自信だ。

まずは行動力から。

よく覚えてないけど、確かブログを始めて2か月か3か月くらいで、収益だかPVだかの

なんらかの数字が20万くらいを突破したらしいです(超うろ覚え)。

まあとにかく、とんでもないスピードでいろんなことを仕掛けて、いろんなことに挑戦

し、それをコンテンツにして知名度と影響力を広めていったわけです。

 

次にその自信について。

「まじまじぱーてぃー」を読んでもらえればわかると思うけど、自己啓発的な記事が割

と多い。

 

続きを読む

「進撃の巨人」の巨人化エレンを作ってみた

Zbrush作品

進撃の巨人のエレンです。

通称エレンゲリオン。※2016年12月頃の作品です。

f:id:inugami09:20170109151131j:plain

f:id:inugami09:20170109151143j:plain

f:id:inugami09:20170109151157j:plain

駆逐してやる!!

 

服作らなくてよかったから、そういう意味ではけっこう楽でした笑。

ただ、やっぱり筋肉と骨格に対する解剖学的な理解がまだまだ浅いですね。

その他もろもろ突っ込みどころもあるかと思いますが、このエレンの製作を通して得た

ものもけっこうありました。

調査兵団も誰か作りたいですね。

 

進撃の巨人といえば、2017年4月からアニメのシーズン2が放送されます。

www.youtube.com

 

待ちわびたぞ。

相変わらず作画のクオリティえげつないな笑

4月が楽しみ過ぎて、もう生きてて辛いレベル。

ずっとこの時を待っていた。

 

進撃の巨人は原作ももちろん最高に面白いけど、アニメの完成度も非常に高い。

作画良し、BGM良し、構成良し、演出良し、声優良し。

どこをとっても非の打ちどころがなく、傑作といっても過言ではない。

 

続きを読む

「自己満足」という言葉は肯定的な意味で使われるべき

雑記

「自己満足」という言葉は、否定的に使われる場合が多い。

これはおそらく、

「それって自己満足でしょ?」

と、他者を批判する際によく用いられるからだと思う。

 

ここまでマイナスイメージが定着してしまったのは、

「自己満足」という言葉を間違って使っている人が多いせいだと思う。

 

「自己満足」とは本来「周囲の評価に関係なく、自分自身や自分の行為(言動、作品)

に自ら満足すること」という意味である。

「周囲の評価は関係ない」のだから、たとえ周囲から高い評価を受けようと、世のため

人のために働こうと、逆に他者から強い批判を受けようと、自分さえ満足していればす

べて「自己満足をした」といえる。

だから、個人が起こすアクションのほとんどが自己満足につながると僕は思っている。

 

このブログだって、まさの自己満足の象徴だ。

僕はブログのほかにツイッターフェイスブックもやっており、そこでろくでもない自

分の考えを発信したり、ヘタクソなフィギュアを恥も外聞もなく晒している。

それは「自分の言葉や作品を発信する」という行為そのものに満足を覚えるからだ。

続きを読む